ドコモ光の悪い評判・良い評判を利用者にアンケートして集めました

ドコモ光の悪い評判・良い評判を利用者にアンケートして集めました

 

ドコモ光の悪い評判とそれに対する私の一口コメント

 

1、工事がなかなか来ない

 

インターネットを利用するにあたって、初期工事を必要とする人が多いです。
また、従来のフレッツ光回線をそのまま利用するにしても、回線速度をグレーぞアップするのにも工事が必要です。

 

つまり、ドコモ光を利用するにあたっては、初期工事なくしては多くの人がインターネットを利用することができないのです。工事自体は数時間で完了するのですが、ネットでは「工事がなかなか来ない」という評判が数多く見られます。

 

「この点を問い合わせようと電話してもつながらない」、「ドコモショップに言ってもカスタマーサービスへの連絡が必要」、「解約もなかなかできない」というコメントを数多くみかけます。利用できてこそのインターネットであり、工事がなければ利用できないのであれば不便きわまりありません。

 

 

2、通信速度が遅くなった

 

これはすべての人がそう評価しているわけではないのですが、他社からドコモ光に乗り換えた人の中には、転送速度が以前の半分になってしまったという人がいます。

 

最近は動画投稿サイトの利用拡大に伴い、動画の視聴及びアップロードが盛んに行われています。また、WEB媒体でデータのやり取り、特にデータの販売等も行われており、中には自身が出品者となっていることもあります。

 

そうしたデータのやり取りの早さは、ネットワークの転送速度が重要になります。転送速度が遅くなってしまうと、動画の視聴やアップロード、データの購入などに時間がかかってしまいます。

 

乗り換える場合、今までと同じ環境でネットを楽しめるかどうかの保証がありません。ただ、中には十分な転送速度を保っている人、改善された人もいるようなので、これは実際に導入してみないと分かりませんね。

 

 

3、割引の内容が複雑で分かりにくい

 

ドコモ光にはいくつかの割引制度が用意されています。

 

この割引のネットでの最大の評価は「分かりにくい」ということです。他社の場合であれば一律での割引が用意されていることが多く、自分がどのようなプランで加入するにしても同じ割引を受けられることが多いです。

 

しかし、ドコモ光の場合はパケットパックのパック内容によって割引が異なります。また、戸建てかマンションかで料金がそもそも異なり、割引もそれに依存するものがあります。複雑化した割引制度は、初見の人には分かりにくいでしょう。乗り換えを考えている人、複数の会社から選ぼうとしている人にとって、複雑化した割引は現状や他との比較が難しいようです。

 

 

ドコモ光の良い評判とそれに対する私の一口コメント

 

1、ドコモの携帯電話を使っていたからお得になった

 

これは、元々ドコモの携帯電話を使っていた人のコメントですね。
ドコモ光では、ドコモのスマートフォンのパック容量に応じて、割引を受けられる「パケットパック」というシステムが有ります。

 

この制度、特にシェアパックの大容量であるほどに受けられる割引も高くなるのです。最大で毎月3200円の割引を受けられるのです。

 

中でも、ご家族数人がまとめてドコモのスマートフォンを利用している場合だと、大容量のパックを利用してることが多く、セット割が適用されることで割安でネットも携帯も利用できるようになったという評価が出ています。

 

 

2、割引の期間が無期限!いつまでも同じ割引額

 

割引に関してはもうひとつ評価があります。
それは、「割引きの期限がない」という内容です。他社の従来の割引制度の場合、1年〜3年程度の期間限定での割引きが多いです。

 

期間終了後も割引が継続される会社も多いですが、その場合でも割引額が減少することがほとんどです。ドコモ光の場合は、期間限定のキャンペーン以外の割引については、契約が継続している限り基本的に無期限で同じ金額の割引を受け続ける事ができます。

 

加入してすぐの段階では他社に遅れを取ることも多いですが、何年も同じプランで利用し続けることで、最終的には割り引かれる金額の合計が他社を上回ることが多いです。こうした点において、長らく同じ会社の携帯電話を使い続ける人にとってメリットが多いと言えます。

 

 

3、トラブル時に問い合わせしやすくなった

 

昨今では、Wi-Fiネットワークを駆使して、スマートフォンから手軽にネット環境を利用できる時代になっています。

 

しかし、いざ接続ができなくなった等のトラブルが発生した時に、果たしてどこに連絡すればよいのか分からなくなってしまうことも多いでしょう。端末はドコモでも、通信に関してはどこに問い合わせればよいか分からない。

 

早くネットを復旧させたくても、これでは右往左往してしまい、時間がかかってしまいます。ドコモ光の場合であれば、すべてのサポートがドコモに一本化されます。

 

これによって、通信に関するトラブルが起こったら、「とりあえずドコモに連絡」という手段がとれます。今までこうしたトラブルで右往左往したことがある人にとって、通信という多くの人が専門外になるであろう内容についてのトラブル対応がしやすくなったことは、大きな評価につながるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ