ドコモ光の悪い評判・良い評判を利用者にアンケートして集めました

ドコモ光の悪い評判・良い評判を利用者にアンケートして集めました

ドコモ光のネガティブな評判

 

ドコモ光の悪い評判とそれに対する私の一口コメント

 

1、工事がなかなか来ない

 

インターネットを利用するにあたって、初期工事を必要とする人が多いです。
また、従来のフレッツ光回線をそのまま利用するにしても、回線速度をグレードアップするのにも工事が必要です。

 

つまり、ドコモ光を利用するにあたっては、初期工事なくしては多くの人がインターネットを利用することができないのです。工事自体は数時間で完了するのですが、ネットでは「工事がなかなか来ない」という評判が数多く見られます。

 

「この点を問い合わせようと電話してもつながらない」、「ドコモショップに言ってもカスタマーサービスへの連絡が必要」、「解約もなかなかできない」というコメントを数多くみかけます。利用できてこそのインターネットであり、工事がなければ利用できないのであれば不便きわまりありません。

 

 

2、通信速度が遅くなった

 

これはすべての人がそう評価しているわけではないのですが、他社からドコモ光に乗り換えた人の中には、転送速度が以前の半分になってしまったという人がいます。

 

最近は動画投稿サイトの利用拡大に伴い、動画の視聴及びアップロードが盛んに行われています。また、WEB媒体でデータのやり取り、特にデータの販売等も行われており、中には自身が出品者となっていることもあります。

 

そうしたデータのやり取りの早さは、ネットワークの転送速度が重要になります。転送速度が遅くなってしまうと、動画の視聴やアップロード、データの購入などに時間がかかってしまいます。

 

乗り換える場合、今までと同じ環境でネットを楽しめるかどうかの保証がありません。ただ、中には十分な転送速度を保っている人、改善された人もいるようなので、これは実際に導入してみないと分かりませんね。

 

 

3、割引の内容が複雑で分かりにくい

 

ドコモ光にはいくつかの割引制度が用意されています。

 

この割引のネットでの最大の評価は「分かりにくい」ということです。他社の場合であれば一律での割引が用意されていることが多く、自分がどのようなプランで加入するにしても同じ割引を受けられることが多いです。

 

しかし、ドコモ光の場合はパケットパックのパック内容によって割引が異なります。また、戸建てかマンションかで料金がそもそも異なり、割引もそれに依存するものがあります。複雑化した割引制度は、初見の人には分かりにくいでしょう。乗り換えを考えている人、複数の会社から選ぼうとしている人にとって、複雑化した割引は現状や他との比較が難しいようです。

 

同じ光回線であればドコモ光を使うよりNURO光を使った方がいいとの評判もよく見かけますが、回線のスペックや、利用料金等を考えると私もNURO光派です。NUROの場合、申し込んだ際にキャッシュバックがもらえる等のキャンペーン特典や月額料金などがシンプルでわかりやすいです。

 

 

ドコモ光の良い評判とそれに対する私の一口コメント

 

1、ドコモの携帯電話を使っていたからお得になった

 

これは、元々ドコモの携帯電話を使っていた人のコメントですね。
ドコモ光では、ドコモのスマートフォンのパック容量に応じて、割引を受けられる「パケットパック」というシステムが有ります。

 

この制度、特にシェアパックの大容量であるほどに受けられる割引も高くなるのです。最大で毎月3200円の割引を受けられるのです。

 

中でも、ご家族数人がまとめてドコモのスマートフォンを利用している場合だと、大容量のパックを利用してることが多く、セット割が適用されることで割安でネットも携帯も利用できるようになったという評価が出ています。

 

 

2、割引の期間が無期限!いつまでも同じ割引額

 

割引に関してはもうひとつ評価があります。
それは、「割引きの期限がない」という内容です。他社の従来の割引制度の場合、1年〜3年程度の期間限定での割引きが多いです。

 

期間終了後も割引が継続される会社も多いですが、その場合でも割引額が減少することがほとんどです。ドコモ光の場合は、期間限定のキャンペーン以外の割引については、契約が継続している限り基本的に無期限で同じ金額の割引を受け続ける事ができます。

 

加入してすぐの段階では他社に遅れを取ることも多いですが、何年も同じプランで利用し続けることで、最終的には割り引かれる金額の合計が他社を上回ることが多いです。こうした点において、長らく同じ会社の携帯電話を使い続ける人にとってメリットが多いと言えます。

 

 

3、トラブル時に問い合わせしやすくなった

 

昨今では、Wi-Fiネットワークを駆使して、スマートフォンから手軽にネット環境を利用できる時代になっています。

 

しかし、いざ接続ができなくなった等のトラブルが発生した時に、果たしてどこに連絡すればよいのか分からなくなってしまうことも多いでしょう。端末はドコモでも、通信に関してはどこに問い合わせればよいか分からない。

 

早くネットを復旧させたくても、これでは右往左往してしまい、時間がかかってしまいます。ドコモ光の場合であれば、すべてのサポートがドコモに一本化されます。

 

これによって、通信に関するトラブルが起こったら、「とりあえずドコモに連絡」という手段がとれます。今までこうしたトラブルで右往左往したことがある人にとって、通信という多くの人が専門外になるであろう内容についてのトラブル対応がしやすくなったことは、大きな評価につながるようです。

 

ドコモ光とはどのようなサービス?

 

光回線とプロバイダを一元化して契約することで使用料が安くなるサービスを光コラボと言いますが、ドコモ光はその中でも人気のある光コラボの業者です。光コラボは業者によって様々な特色があり、ドコモ光はスマホやガラケーのキャリアでドコモと契約している方にお得なサービスを提供しています。

 

同様のサービスではソフトバンクのスマホやガラケーを使っていると得になるソフトバンク光や、auのスマホやガラケーを使っていると得になるau光があり、キャリア契約者の囲い込み合戦の様相を呈していると言って良いでしょう。

 

ただし、ドコモ光の料金プランは他の2社と比べても複雑な上に、割引額も劣っているのがドコモ光の弱点ということを指摘する評判が多く見られました。

 

 

今回はドコモ光と契約するか考えている方へ、ドコモ光のネガティブな評判と契約前の注意点を紹介したいと思います。ネット上の口コミなどを調べてみると、ドコモ光には料金プランの複雑さや回線の遅さなど意外と多くの悪い評判がありました。

 

ドコモ光とはどのようなサービス?
光回線とプロバイダを一元化して契約することで使用料が安くなるサービスを光コラボと言いますが、ドコモ光はその中でも人気のある光コラボの業者です。光コラボは業者によって様々な特色があり、ドコモ光はスマホやガラケーのキャリアでドコモと契約している方にお得なサービスを提供しています。同様のサービスではソフトバンクのスマホやガラケーを使っていると得になるソフトバンク光や、auのスマホやガラケーを使っていると得になるau光があり、キャリア契約者の囲い込み合戦の様相を呈していると言って良いでしょう。ただし、ドコモ光の料金プランは他の2社と比べても複雑な上に、割引額も劣っているのがドコモ光の弱点ということを指摘する評判が多く見られました。

 

ドコモ光の料金プランは複雑な上にお得度が低い!
ここではネット上でネガティブな評判の多かったドコモ光の料金プランについてまとめています。光コラボは業者ごとに料金プランが異なる上に、どのようなサービスがお得になるのかという付加価値を比較する必要があるのでどうしても料金の計算が複雑になってしまいます。ドコモ光はその中でも分かりづらい料金体系を取っているので注意が必要です。

 

ドコモ光の料金プランから実際の使用料を計算する際に、まずチェックしておきたいのが次の表です。

 

・戸建てプラン
タイプA...5,200円
タイプB...5,400円
単独プラン...5,000円

 

・マンションプラン
タイプA...4,000円
タイプB...4,200円
単独プラン...3,800円

 

タイプAとBの違いは利用するプロバイダの違いですので、特にこだわりが無ければ料金の安いタイプAを選択すると良いでしょう。戸建てプランとマンションプランの違いは簡単に言えば一本の回線を利用する人数の違いで、マンションプランは他の住人と回線を分割して使用するため、戸建てプランと比べると回線が遅くなる傾向があります。

 

ここまでは光コラボの他社と同じくシンプルな料金体系となっているのですが、ドコモ光の料金で複雑なのはスマホ契約とセットでお得になる「光セット割」です。また、ドコモのスマホやガラケーを使い続けることで携帯電話の料金が割り引かれる「ずっとドコモ割」との兼ね合いもあるため月額料金がどれぐらいお得になるのかという計算が大変難しくなっています。使っているプランはシェアプランなのか、個人プランなのかということや、契約しているデータ量の大きさによっても割引額が変わってくるため、自分で計算するのを諦めたという方もいらっしゃるほどです。具体的な割引額についてはドコモ光の公式サイト上で計算式が載っていますので、一度確認してみると良いでしょう。

 

また、これから契約するユーザーにとって重要なのが、ドコモ光はau光やソフトバンク光と比較すると「光セット割」の割引額が低いということです。ソフトバンク光なら「おうち割」、au光なら「auスマートバリュー」と同様のサービスを提供しています。しかし、ドコモ光がシェアプランの主回線のみにしか割引を適用しないのに対して、ソフトバンク光やau光は主回線に加えて子回線にも割引を適用するので結果的に大きな差が生まれています。仮に3人家族で30GBのシェアプランを使う場合、ドコモ光とソフトバンク光とでは2年間で96,000円もの差になります。この金額になると代理店による契約時のキャッシュバックやプレゼントの特典では到底埋め合わせが出来ないので、とにかくお得に光コラボを使いたい方にとってはドコモ光は選択肢から外れてしまうとのことです。

 

もちろん、何らかの事情でドコモのスマホやガラケーを使う必要があるという方はドコモ光を選んでも良いのですが、ソフトバンクやauのスマホに乗り換えが出来るのであれば乗り換え費用を考えてもキャリアを変えることを検討した方が良いかも知れません。

 

ドコモ光は回線速度が遅い!?
また、ドコモ光のネガティブな評判として複雑な料金体系の他に多かったのが、回線速度が遅いという声です。いわゆる夜のゴールデンタイムに1Mbps〜2Mbpsという一昔前のADSLのような回線速度が出ているという記録がスクリーンショット付きで報告されるなど、ドコモ光と契約する方は回線速度が遅くなる可能性も考慮しておく必要があるかも知れません。一方で、フレッツ光や他の光コラボからドコモ光に乗り換えたことで反対に回線速度が改善したという声もあるので、ドコモ光の回線が早いか遅いか判断に迷うところでもあります。

 

ここで注意しておきたいのが、光回線の速度はプロバイダによってもかなり差が出ることもあるということです。例えば、「ぷらら」や「So-net」といったプロバイダを利用している方は回線速度が遅いという報告を多くしているのに対して、「GMOとくとくBB」なら夜でも回線速度が早いという報告が多く、ドコモ光との契約時にはプロバイダ選びが重要といえそうです。

 

その他のネガティブな評判は?
複雑な料金体系や回線速度の遅さ以外では、次のようなネガティブな評判が見られました。

 

・キャッシュバックが少ない
・チャットサポートがないので不便

 

キャッシュバックが多ければ最初の2年間の回線使用料や工事費が実質的に無料に近くなることがあり、光回線選びでは重視する方の多いポイントです。ドコモ光ぐらい大きな業者となるとキャッシュバックに頼らずとも集客が可能という自信の表れなのかも知れません。また、チャットサポートが無いと何かトラブルがあった時に電話での対応となるので指示が分かりづらいことがあり、充分なサポートが得られない可能性があります。このような点を不便に感じるユーザーの方も多いようです。

 

まとめ
いかがでしたでしょうか?今回は、ネット上でドコモ光のネガティブな評判と契約前に知っておきたい注意点をまとめました。料金体系の複雑さや、スマホやガラケーとのセット契約ではソフトバンク光やau光といったサービスほど安くないという点は確かにマイナス材料といえそうです。回線速度については時間帯や環境にもよる部分も大きいので何とも言えない点ではありますが、プロバイダ選びを間違ってしまうと遅い回線に苦しむことになるの

 

ドコモ光との契約を検討中の方へ、今回はネット上のポジティブな評判をまとめました。ドコモ光は以前は何かと悪い評判が目立っていたのですが、現在では料金や回線速度、サービス面で改善しているとのポジティブな評判が多くなっています。

 

ドコモ光のポジティブな評判@ ドコモユーザーはお得に使える!
数ある光コラボ業者の中でも、キャリアのスマホやガラケーでドコモを使っている方はドコモ光をお得に使うことができるという評判があります。ドコモユーザーならどれぐらいドコモ光が安くなるのでしょうか?

 

・戸建てプラン
タイプA...5,200円
タイプB...5,400円
単独プラン...5,000円

 

・マンションプラン
タイプA...4,000円
タイプB...4,200円
単独プラン...3,800円

 

上の表は、ドコモ光の回線使用料+プロバイダ料金を一覧にしたものです。ただし、この表自体にはドコモ光がお得な点は特にありません。一般的な光コラボ業者でも戸建てプランとマンションプランは区別されていますし、料金にもそれほど違いはありません。ドコモ光の特徴というのは、キャリアのドコモユーザーが受けられる「セット割」にあります。

 

・家族向けパケットパック
ウルトラシェアパック100...-3,500/月
ウルトラシェアパック50...-2,900円/月
ウルトラシェアパック30...-2,500円/月
シェアパック15...-1,800円/月
シェアパック10...-1,200円/月
シェアパック5...-800円/月

 

・一人向けパケットパック
ウルトラデータパックLL...-1,600円/月
ウルトラデータパックL...-1,400円/月
データMパック...-800円/月
データSパック...-500円/月(最大1年間)
ケータイパック...-500円/月(最大1年間)

 

上の表はキャリアのドコモユーザーが使っているプランによって毎月どれだけの割引を受けられるのかという割引額を一覧にしたものです。ウルトラシェアパック100となると実際に使っている方もそれほど多くはありませんが、30GBのデータ通信量を家族で分け合うウルトラシェアパック30や、一人で20GBのデータ通信量を使うウルトラデータパックLなどは使っている方の多い人気のプランです。前者なら毎月2,500円、後者なら毎月1,400円も通信費を節約することができるのでドコモユーザーであればドコモ光をお得に使うことができます。このような点からもウェブ上では「ドコモユーザーならとりあえずドコモ光を使っておけば間違いない」という声も見られました。

 

ドコモ光のポジティブな評判A 回線速度が快適になった!
2015年3月ぐらいまでは、ドコモ光は回線速度が遅いというネガティブな評判の目立つ光コラボ業者でした。しかし、それも今では昔の話です。株式会社イードが主催する『RBB SPEED AWARD』は、年度ごとに通信速度が優良だった業者をモバイル回線や固定回線、固定回線から発信されるWi-Fiの3カテゴリに分けて表彰する賞です。ドコモ光は、2017年度の賞を決める『RBB SPEED AWARD 2017』の「固定回線の部 光コラボレーション部門」において東日本エリア、西日本エリアともに”優秀賞”を獲得し、回線速度が快適という実績を上げています。

 

このことからも分かるように、ドコモ光は回線速度が遅いどころか、むしろ他の業者と比べても優秀なレベルといえます。その速度は東日本で全55,006件の調査で下り速度が平均で131.30Mbps、上り速度では182.94Mbpsに達するなどかなりの快適さです。また、西日本においても全31,998件の調査で下り速度が114.29Mbps、上り速度が125.45Mbpsという数字を挙げています。

 

この数字はユーザーの評判にも反映されていて、「ドコモ光は回線速度が遅いと聞いていたが思ったよりずっと速かった」、「今まで低速回線を使っていたから驚くほど速くなった」という声が見られました。そもそも、光コラボ業者が使っている回線自体はフレッツ光と同等ですので光コラボに乗り換えたからといって回線速度が遅くなるということはありません。もし、光コラボに乗り換えて回線速度が遅くなった場合は、回線業者ではなくプロバイダを疑ってみましょう。プロバイダによっては回線が混雑している場合があり、こうなると元の光回線の速度を充分に発揮することはできません。ウェブ上では「GMOとくとくBB」の評判が最もよく、他には「OCN」も無難なので選んでおけば間違いない、というポジティブな評判を得ていました。

 

ドコモ光のポジティブな評判B ドコモ光はサービスが良い!
光コラボ選びで重要なポイントの一つに、申し込みから開通までの期間が短いことやトラブル発生時のサポートといったサービスが良いかどうかという点があります。光コラボ各社は回線自体の料金にはほとんど違いがなく、一緒に利用するサービスの割引やキャッシュバックの金額によって差別化を図っています。そして、業者によって大きく差が出るのが最初に挙げたようなサービス面です。申し込みから開通まで数ヶ月かかって長い間自宅でネットを使えない状態が続いたり、トラブル発生時にサポートに電話しても繋がらないという評判があったりすると「違う業者を選んだ方がいいのかな?」という気がしてしまいますよね。

 

まず、光回線の工事をする場合、開通までの期間が長い業者ですと数ヶ月待たされてしまうこともあります。また、一般的な業者でも1ヶ月ぐらいは待つのが普通なのですが、ドコモ光も1ヶ月待ちの水準に収まっているようです。1ヶ月というと長く感じてしまうかも知れませんが、他の業者でも同じぐらいということを知っているユーザーの方の多くは納得しているようです。また、ドコモ光は電話対応が素晴らしいという声を挙げているユーザーもいました。「au光を利用していたときは雑な扱いをされていたが、ドコモ光は”神対応”をしてくれた」という評判などからも、ドコモ光のサービスの良さが伝わってきます。

 

まとめ
いかがでしたでしょうか?今回は、ドコモ光のポジティブな評判をまとめました。かつてはネガティブな評判の多かったドコモ光ですが、ここ2年でウェブ上の評判も大きく様変わりしました。料金面や回線速度、サービス面と光コラボ業者選びをする上では欠かせないポイントがいずれもポジティブな評判を得ていて、オススメの光コラボということができそうです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ