どちらがお得?ドコモ光とau光を比較してみました

どちらがお得?ドコモ光とau光を比較してみました

ドコモ光とau光を比べると

 

普通に家族で使う分にはau光が割安になる理由

 

ドコモ光では、セットプランの内容によって割引の金額が異なるという特徴があります。割引率は、シェアパックの大容量であるほどに高くなり、最大で月額3200円という大きな割引の恩恵を受けることができます。ドコモ光の料金体系

 

しかし、ここで一つ考えなければならないことがあります。ドコモ光の3200円という割引は、最大容量の「シェアパック30」の場合です、30というのは容量30ギガバイトのことです。これほどの大容量、まず一人では使いこなすことができません。

 

なので、ごく自然に家族でのシェアになるわけですが、そうなるとauスマートバリューに有利な状況になるのです。

 

auスマートバリューとは

 

auスマートバリューでは、1回線、つまりスマホを共有している家族の人数分だけ月額で1410円の割引になります。

 

これが3人で4230円であり、ドコモ光の最大割引を上回ります。ただし欠点もあって、契約2年経過後はauスマートバリューの割引は月額1410円から934円に下がります。

 

3人の場合は2802円ですが、4人なら3736円であり、10回線まで適用されるため大家族で4人以上の利用であれば2年後以降もauスマートバリューの方に軍配が上がるのです。

 

 

私なりの上記内容に関する考察

 

さて、上記のようにドコモ光を劣悪なように語ってしまいましたが、すべての事情においてそうなるというわけではありません。

 

これはあくまでも「ドコモ光は大容量であるほど割引になる」「大容量であれば複数人で使う」「複数人ならauの方が良い」という論法が成り立つからです。もし、2つ目の方式が成り立たない事情があるとしたら、auの優位性はなくなるのです。

 

ドコモとauの8ギガバイトのプランの場合、基本の月額は同じ6700円です。これを一人で利用する場合、ドコモの場合は1000円、auの場合は1410円の割引を受けられます。この時点ではまだauに軍配が上がるのですが、2年経過後は1410円の割引が934円になり、約70円ですがドコモが上回ります。

 

長く使い続けようとするのであれば、割引額が一定のドコモが有利になるのです。ドコモ光に転用してメリットが出るタイプの例

 

 

総評として

 

全体的に見れば、auの方がメリットが大きいように思えます。

 

しかし、個々の事情においては常にドコモが黒星となるわけではありません、新規もしくは両者どちらかに乗り換えようと考えている人は、自分の契約条件においてどちらのほうがお得になるか、簡単で良いので計算してみると良いでしょう。

 

自分が何年ほど契約するのか、家族とシェアするのか、その場合にどれくらいの容量が必要なのか、指標となるデータを揃えるほど高度な計算が可能になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ