ドコモ光とフレッツ光の違い

ドコモ光とフレッツ光の違い

ドコモ光とフレッツ光の違いを解説

 

ネットの料金だけで見るとフレッツ光が安い

 

既にフレッツ光に加入してインターネットを満喫している人の場合、ドコモ光に加入するメリットは無いようにも思えます。しかし、ドコモ光ならフレッツ光に対応しているプロバイダの場合はISPを変更することなく転用することが可能です。

 

では、違いがどこにあるかといえば、分かりやすいのは「料金」でしょう。

 

まず、ドコモ光のほうですが、ネットの基本料金については契約しているプロバイダによって3つのタイプが用意されています。戸建の場合、プロバイダ利用料を合わせたプランだと5200円〜5400円、単独だと5000円になります。ネット利用料単独では、特に割引サービス等はありません

 

。一方、フレッツ光の場合は戸建てだと割引なしで5400円で、これにプロバイダ料が加算されます。しかし、割引制度を利用することで最安値で3610円にまで抑えることができます。これにプロバイダ料を足しても、5000円を超える金額にはなりません。そこだけ見ると、フレッツ光からドコモ光に乗り換えるメリットは全く無いように思えます。

 

ドコモ光の旨味は「パケットパック」

 

しかし、それはあくまでもネット利用料単独で見ればの問題です。
ドコモ光の真骨頂は、「パケットパック」にあります。ドコモのスマートフォンを契約してると、セット割としてパケット容量に応じた割引を受けることができます。

 

この割引が最大で3200円まで割り引かれるのです。5400円のプランだったとしても、ここから3200円を差し引くと残高は2200円。フレッツ光のプロバイダ料を抜きにしてもまだドコモ光の方が安くなるのです。

 

家族で乗り換えるほどお得に

 

このパケットパックの最大の特徴は、パケット容量が大きいほど割引額も大きくなるということです。

 

先ほどの3200円という割引は、30ギガバイトの容量の「シェアパック30」の場合の金額です。一人用の「データMパック」が最低金額で、割引額は800円まで落ち込みます。それ以下のプランの場合は対象外ですが、記事執筆時は期間限定で1年間毎月500円引きとなっています。

 

話を戻しますが、容量の大きなパック内容であるほど、受けられる割引額は大きくなります。しかし、一人で使用するには30ギガバイトは多すぎます。出来る限り無駄にならずに、多くの割引を受けたいと思うのであれば、家族でシェアすることを前提にするのです。

 

「シェアパック20」や「シェアパック15」でも、それなりの割引を受けることができて、ネット利用料が割安になります。家族でドコモに乗り換えようと考えている場合、もしくは新規にドコモのスマートフォンを契約しようと考えている場合には、メリットが大きいと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ