ドコモ光の固定セット割とは?固定セット割のメリットデメリット

ドコモ光の固定セット割とは?固定セット割のメリットデメリット

ドコモ光の固定セット割のメリットとデメリット

 

ドコモ光の固定セット割とは?

 

「固定セット割」とは、インターネット利用料に同社の携帯電話利用料を加算した金額から、条件に応じた金額を毎月割引を受けられるサービスのことです。

 

ドコモ光の場合、ドコモのスマートフォンの契約内容によって割引額が異なります。ドコモ光は、提携しているプロバイダの場合はインターネット利用料にプロバイダ利用料が含まれているプランを選択することができます。

 

プロバイダ無しのプランが5000円、プロバイダ有りのプランが5200円と5400円であり、実質的に大手のプロバイダが200円か400円で利用できるという点も特徴として挙げられます。

 

 

ドコモの固定セット割のメリット

 

ドコモの固定セット割の最大のメリットは、永年割引であることです。
この手の割引だと、1年間だけ有効とか、2〜3年で割引額が変化するといったことがあります。

 

しかし、ドコモのセット割の場合はドコモのスマートフォンを利用しており、ドコモ光の契約を解除しないかぎりは永続的に割引を受けることができます。また、ドコモ光のセット割の特徴として、スマートフォンの利用プランが大容量の場合であるほどに多くの割引を受けられるという点が挙げられます。

 

最大で3200円の割引を受けられるので、インターネット利用料の半分以上をセット割で賄うことができます。

 

旧プランを除けば、最低でも毎月800円の割引を受けられるので、毎月5200円のAプランの場合だと実質毎月4400円で利用することができます。永続的に割引を受けることができるので、ドコモのスマートフォンから乗り換えるつもりがない人の場合はかなりの恩恵を受けられることになります。

 

 

ドコモの固定セット割のデメリット

 

まず、ドコモ光を利用する前提が「ドコモのスマートフォンを契約している」人に限られる点が挙げられます。

 

次に、フレッツ光からの転用の場合、インターネット利用料、スマートフォン利用料、プロバイダ利用料は一本化されますが、フレッツTVのようにオプションサービスとして利用していた契約は引き続き利用できても請求は従来のNTT東日本または西日本からになり、料金が一本化できません。

 

また、ドコモ光のセット割は大容量のスマートフォン契約出ない場合はそこまで大きな割引になりません。一人暮らしの場合は少ない容量の契約であることが多いため、そこまで多くの割引を受けられない可能性が高いです。

 

他社に比べて割引の金額が一定ではなく、特にドコモ光について全く知らない人が料金体系を見ると、割引の仕組みが分かりにくいという弊害があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ