ドコモ光に電話サービスはあるのか?支払先はどうなる?

ドコモ光に電話サービスはあるのか?支払先はどうなる?

ドコモ光の電話サービスまとめ

 

ひかり電話」が利用可能

 

ドコモ光への加入においては、NTT東日本/西日本が提供する「ひかり電話」を利用することができます。

 

料金は戸建ての場合もマンションの場合も月額500円(基本プラン)になります。また、ひかり電話の他にも「ひかりTV」の利用も可能です。基本となるフレッツ光を利用したインターネットと、これらのサービスを組み合わせたプラン(ネット+ひかり電話/ひかりTV/電話とTVの両方)を申し込むことができます。

 

 

既に加入している場合

 

既にフレッツ光のひかり電話やひかりTVを利用している場合は、引き続きそのまま利用することができます。契約もそのままNTT東日本/西日本との契約のままで、新規にドコモと契約する必要はありません(インターネット利用の申し込みは別ですが)。

 

 

新規加入の場合

 

新規にひかり電話やひかりTVに加入する場合は、それぞれについてドコモとは別に契約する必要があります。ひかり電話はNTT東日本/西日本との契約を、ひかりTVはNTTぷららとの契約が必要になります。

 

 

支払いは別々に

 

ドコモ光と同時にひかり電話を利用する場合には、基本プランで月額500円が必要になります。

 

ドコモ光のホームページにおける料金プランの説明においては、ネットの料金とひかり電話、ひかりTVの料金を組み合わせた場合の料金が掲載されていますが、この金額すべてをドコモに支払う契約にはなりません。https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/

 

上記ページにドコモ光の料金プランについて掲載されていますが、その注釈部分には高記載されています。「ご利用料金についてもそれぞれ請求されます」とあります。

 

前述のとおり、ドコモ光のネット利用についてはドコモとの契約ですが、ひかり電話やひかりTVに関してはNTT東日本/西日本との契約になります。そのため、各料金についても契約した会社、つまりひかり電話とひかりTVに関してはNTT東日本/西日本への支払いになります。

 

 

詳しくは各会社に問い合わせを

 

ドコモ光はその料金体系や割引制度などが複雑であるという評価をよく耳にします。

 

ひかり電話についても、支払いが1本化していないという、少し煩わしい仕様となっています。契約したあとになって余計な手間を増やさないためには、契約する前にしっかりと確認しておくことが重要です。今回の場合であればドコモだけでなくNTT東日本/西日本にもしっかりと確認をしておき、万全の状態で契約に臨みましょう。

 

時間はかかるかもしれませんが、後のトラブルに比べれば少ない時間で済むはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ