ドコモ光の料金体系をわかりやすく解説

ドコモ光の料金体系をわかりやすく解説

ドコモ光の料金体系

 

基本料金は「プラン」と「組み合わせ」で決まる

 

ドコモ光の料金体系については、まず3つのプランから選ぶ必要があります。

 

プランの違いは「プロバイダ」の違いです。プロバイダ毎に利用できるプランが異なり、「タイプA」「タイプB」「単独タイプ(別途プロバイダ料金がかかる)」に分かれます。

 

もう一つ、ドコモ光をネット以外で利用する場合にはそのための月額利用料がかかります。対象となるのは「ひかり電話」と「ひかりTV」です。ひかり電話は基本料金にプラス500円、ひかりTVはプラス2000円の月額利用料となります。月額料金については以下のようになります。

 

                 タイプA  タイプB  単独タイプ
ネットのみ            5200円   5400円   5000円  
ネット+ひかり電話        5700円   5900円   5500円
ネット+ひかりTV         7200円   7400円 7000円
ネット+ひかり電話+ひかりTV   7700円   7900円 7500円

 

ただし、定期契約でない場合には以下の料金となります。

 

                 タイプA  タイプB  単独タイプ
ネットのみ            6700円   6900円   6500円  
ネット+ひかり電話        7200円   7400円   7000円
ネット+ひかりTV         9700円   9900円 9500円
ネット+ひかり電話+ひかりTV   10200円  10400円 10000円

 

なお、上記料金は戸建ての場合であり、マンションの場合は料金が異なります。

 

 

初期費用もお忘れなく

 

上記の月額料金とは別に、初期費用も必要になります。
まず、契約事務手数料として3000円がかかります。次に、新規申し込みで高次が必要になる場合は、戸建ての場合は18000円の工事料がかかります(マンションの場合は15000円)。

 

次に、転用をする場合、最大速度を変更しない場合は工事費はかかりません。最大速度をグレードアップして転用する場合は工事料として7600円かかります。これらの工事料は代表的なものであり、個別の場合においては料金が異なる場合があります。

 

 

お得なキャンペーンを利用する手も

 

こうした工事費用については、キャンペーンを利用する手段が有効です。
この記事を執筆している際には、「新規工事料キャンペーン」を実施中です。これは、ドコモ光の新規工事料が半額になるキャンペーンで、上記18000円の費用が半額の9000円で済みます。

 

また、携帯電話回線の「カケホーダイプラン」「FOMA総合プラン」の新規契約から30日以内の申し込みである場合には、新規工事料が無料になります。

 

半額でも9000円もお得になるので、ぜひ利用したいキャンペーンですね。キャンペーンは期間限定であり、終了後にも別のキャンペーンが開催される可能性が高いです。ドコモ光を契約しようと考えている人は、ホームページをこまめにチェックして、お得なキャンペーンが利用できるかどうかチェックしておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ