ドコモ光は使いすぎると速度制限がかかるのか?スピードが出ない時の対処法など

ドコモ光は使いすぎると速度制限がかかるのか?スピードが出ない時の対処法など

ドコモ光は使いすぎると速度制限がかかるのか?

 

ドコモ光の利用量制限について

 

ドコモ光には、通信量の制限等は設定されていません。

 

これは「フレッツ光ライト」のように、一定量以上の通信量があった場合に、月額利用量が2段階で設定されている場合、つまりホームページの閲覧やメールの送受信等のデータ量が一定量までは安いけれど、それを超えると通常よりも高い月額利用料がかかるという制度の話で、ドコモ光においてはそういった制度は設定されていません。

 

要するに、使い放題ということです。

 

 

ドコモ光の通信速度の制限について

 

ドコモ光では、最大で1Gbpsの通信速度が実現されています。

 

そもそもにインターネットの通信速度は、利用しているプロバイダではなく、利用している光回線の性能に左右されます。ドコモ光では、最大で1Gbpsの通信速度を確保できる回線が用意されています。フレッツ光からの転用である場合、通信速度を最大で1Gbpsまでアップグレードすることができます。

 

その場合、転用でも事務手数料3000円以外にも工事費用7600円(一般的な工事の場合)が必要になります。

 

 

ドコモ光がカタログスペック通りにならない場合

 

このようなカタログスペックを持ちながらも、実際にはその通りにならないことは十分に考えられます。

 

特に通信速度は、ネットで無料で利用できる通信速度を計測するアプリケーションを利用してみると、1Gbpsの通信速度を持ちながら実際にはそれ未満の通信速度しか計測されないことは十分に起こりえます。

 

これは、1Gbpsという通信速度が「常に達成される」というわけではなく、「最大の通信速度である」ということになります。この通信速度の違いを生じさせるのは、主に「インターネット利用者の住環境」に大きく依存します。

 

中継地点からどれだけ離れているかによって、通信速度は大きく異なります。また、人気のプロバイダを利用していると、基本的な安定性の高さとサポートが充実している事が多いので助かる場面も多くなります。

 

 

通信速度とプロバイダの考察

 

既にインターネットを利用していて、通信速度に不安がある場合にはドコモ光への転用を機に通信速度のアップグレードを行うと良いでしょう。

 

特にデータ量の大きい動画ファイルのやり取りを行う機会が多い場合だと、通信速度の速さは役に立ちます。プロバイダについては人気のプロバイダを選択するのが無難です。

 

混線具合については地域性も有りますので、できればお住まいのエリアのインターネット利用状況のクチコミ等を集められれば分かりやすくなるかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ