ドコモ光の工事費と工事内容を簡単に説明

ドコモ光の工事費と工事内容を簡単に説明

ドコモ光の工事費と工事内容を簡単に説明

 

新規契約の場合

 

ドコモ光を契約するにあたり、転用ではなく新規契約の場合は、工事費用として戸建18000円、マンション15000円の費用がかかります。これに契約事務手数料が追加でかかります。

 

なお、工事費用は一般的な代表例であり、契約者の設備状況によって変動する可能性があります。一部のドコモ光の工事費用については、支払いについて一括か分割を選択することができます。分割払いを選択した場合で、期間中に解約した場合は残債については翌月の一括払いとなります。

 

工事施工前の段階であれば、申し込みの取り消しが可能です。その場合はドコモ光のキャンセル料はかかりませんが、工事着手後の申込の場合は、発生した費用については請求されます。

 

 

転用の場合

 

新規契約ではなく、既に契約してあるフレッツ光対応のプロバイダで転用する場合は2種類に分かれます。まず、通信速度をそのままに転用する場合、工事費用は基本的にかからず、契約事務手数料の3000円だけがかかります。

 

次に、最高速度をアップグレードする場合は、工事費用として7600円がかかり、これに契約事務手数料3000円が加算されます。

 

 

新規工事料キャンペーン

 

2015年6月26日〜2015年8月31日の期間中、一定の条件を満たすことで新規工事料が無料になります。

 

その条件は、@上記期間内である、A「カケホーダイプラン」「FOMA総合プラン」での携帯電話回線の新規契約から30日以内にドコモ光を新規で契約した、の2つを満たすことです。この条件を満たしていると、戸建ての工事費用18000円も、マンションの工事費用の15000円も無料になります。

 

また、期間内であれば、Aの条件を満たしていなくても、上記工事費用が半額(戸建て9000円、マンション7500円)になります。その場合、工事費用は一括払いとなり、分割払いを希望する場合はキャンペーンの対象外となります。

 

また、無料になるのは基本料金である18000円/15000円のみであり、土日休日の工事の追加料金と工事内容による追加料金についてはキャンペーンの対象外となります。

 

ドコモ光のその他のキャンペーンについてはこちらにまとめました。

 

 

工事は誰がするの?

 

ドコモ光の工事については、お住まいの住所に応じてNTT東日本もしくは西日本が実施します。

 

工事日の指定は可能ですが、希望通りにならないこともあります。また、棚卸し行者の設備状況等によっては、工事を実施できないこともあります。派遣工事にかかる時間は約1時間を予定しています。派遣工事においては、利用者の立会が必要になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ