ドコモ光の解約方法と解約の際に注意すべき事

ドコモ光の解約方法と解約の際に注意すべき事

ドコモ光の解約方法と注意点

 

解約に必要な書類等

 

ドコモ光の解約においては、「ドコモの携帯電話契約内容の確認」と「解約付きまでの利用料」が必要になります。

 

まず、解約にあたってはドコモの携帯電話の契約内容の確認が必要です。その際、「ネットワーク暗証番号」や口頭で本人確認が必要になります。原則として、本人確認のための書類(運転免許証や健康保険証など)は必要ではありません。

 

次に、解約した月までのドコモ光の利用料については、解約したその時には必要ではありません。解約した翌月に請求されます。また、日割りでの計算ではなく、解約した月の利用料は請求されますので注意が必要です。

 

手続きの方法

ドコモ光を解約する場合には、「電話による解約」か「ドコモショップでの解約」の選択肢があります。不明な点が多い場合には、お近くのドコモショップへ行くと良いでしょう。店舗の営業時間外にしか手続きを行えない、もしくは近所にドコモショップが無い場合には、午前9時〜午後8時が電話受付時間なので、電話での解約をお勧めします。

 

 

ドコモ光を解約する際の注意点

 

ドコモ光を解約するにあたっては、いくつかの注意が必要です。
まず、一度解約すると再契約した場合にも同一のIDは利用することができません。

 

次に、NTTの「ひかり電話」を利用している場合、電話番号が変更になる可能性があります。

 

その他、NTTの提供するサービスの中でドコモ光に関連するサービスも自動的に解約となります。また、ドコモが貸し出しした機器の返却はすみやかに行う必要があり、最終的に実返却に生った場合は機器の相当額を請求されます。

 

 

利用料やプロバイダについて

 

まず、定期契約プランを契約中に、契約期間内に解約した場合は「解約金」を支払う必要があります。

 

また、契約しているプロバイダによっては違約金が発生したり、ドコモ光の解約による自動解約が行われない場合があります。特に、単独プランで契約している場合には、利用者が各プロバイダに解約の申し込みをする必要があります。

 

工事費の部k夏払いの残債がある場合には、解約の翌月に一括支払いする必要があります。また、預託金を預けている場合には、利用者が解約に必要な料金等の支払いをすべて終えた跡に口座に返還されます。

 

 

死亡した親族の解約手続きについて

 

解約する契約の契約者が「死亡した親族」である場合は、「葬儀の案内状や死亡診断書など、契約者の死亡が確認できるもの」と「本人確認書類」が必要になります。また、本人が解約する場合と異なり、電話での解約はできませんのでドコモショップに行く必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ