ドコモ光を利用(転用)してメリットがでる3つのパターン

ドコモ光を利用(転用)してメリットがでる3つのパターン

 

長く使い続ける人

 

ドコモ光には、「ずっと割引額が変わらない」という特徴があります。他の会社の場合、1年〜3年で割引額が減少するパターンが多いです。そのため、短期間であれば割安で利用できるサービスも、3年以上経過することで利用料が跳ね上がり、長い期間使い続けるほど出費がかさんでしまいます。

 

ドコモ光の場合はずっと割引額が変わらず、長くお得に利用し続けることができます。なので、少なくとも3年以上ドコモ光を使い続ける人であれば、お得さを享受することができます。

 

短期間ですぐに会社を乗り換える人ではなく、同じ会社と契約し続けることを前提に契約する場合は、長い間お得な割引を受け続けることができるドコモ光がメリットが大きいのです。

 

 

ドコモの携帯電話を持っている人・同時に契約する人

 

ドコモ光は、ドコモの携帯電話(スマートフォン)との相乗効果でかなりの割引になる場合があります。

 

例えば、ドコモ光の「光シェアパック30」では、月額3200円の割引を受けることができます。その他のパックでも1000円〜2000円前後の割引を受けることができます。しかも、他社にありがちな「固定電話の契約を条件とする」ようなこともありません。ドコモ光の料金体系

 

携帯電話の普及が進んだ現代日本において、特に家庭での固定電話の利用価値は少なくなっています。言ってしまえば、固定電話は無駄な出費となるのです。いくら割引になるとはいえ、不要なサービスが条件に付いている場合はお得とはいえません。

 

ドコモ光の場合はそうした条件がありません。既にドコモの携帯電話を持っている人、ドコモ光契約を機にドコモの携帯電話への乗り換えを考えている人には、恩恵の大きい割引プランなのです。

 

 

ISP(プロバイダ)を変更したくない人

 

既にインターネットの契約をしている場合で、他社のサービスに乗り換える際、パソコンを買い換える必要はありませんが、「ISP=インターネット・サービス・プロバイダ」を変更しなければならない可能性があります。ドコモ光に対応しているプロバイダ

 

特に、自分で何もかも設定しなければならない場合だと、煩わしさを感じます。ドコモ光の場合、提携している17社のプロバイダであればセット料金で、それ以外のプロバイダでも「フレッツ光」に対応しているプロバイダであれば加入することができます。

 

そのため、お使いのISPがフレッツ光対応であれば、ISPを変更することなくドコモ光に加入することができるのです。既にお使いのプロバイダを変更したくない人にお勧めです。


ホーム RSS購読 サイトマップ